辞められない止まらない

 

かっぱえびせんですわコレは(?)

 

 

お芝居を習い始めて早1ヶ月。

自分にはどんな手段が一番ピッタリなのかは未だに判断しきれないけれども、やっぱり私は表現する事が好きだなんだ、と思う2018年春でした。

今日はとても暑かった。最高気温29度だなんてもう夏だ……

 

何かを新しく始めたばかりの頃はすべてが新鮮で面白い。

それが今度は、できない事やなかなか身につかない技術に気が付いてしまう。

悔しさや劣等感に押し潰されそうになって、必死になって、また新しい発見や新しく習得した技術に面白さを見出して……の繰り返し。

音にせよ言葉にせよ、自分の息をそこに吹き込むのが私は大好きなんだなー、と漠然と改めて自覚した。

 

私はいま正社員の事務職として働いているけれど、きっと事務処理って誰がやっても結果は同じになるべきなんですよね。

法とかルールとかに従って間違いなくPCへ入力して、次の工程へ滞りなく仕事を回す。

周りに気遣ったりとか全体が効率よく快適に働けるように考えたりとかの工夫はもちろんするけれど、オリジナリティはそんなに求められていない。

 

ところがどっこい。

芝居は個性が許される(個性的な声や表情が必ずしも最適ではないパターンもある)。

「命を吹き込む」だなんて言い方は仰々しいかもしれないけれど、表現する人次第では同じ台詞でも随分とニュアンスが変わるし、キャラクターが違うものになる。演じる人の引き出し次第。

というか、人と同じ演技をする方が難しい。一人ひとり、身体も骨格が違うので声が違う、過ごしてきた環境も人生も違う、表現も違う。

これだよ、私が求めていた世界は。

芝居ってば面白すぎる。

 

幼稚園から小学5年生までピアノを習っていて、中学校の吹奏楽部に入部したての頃に「息遣いで表現を変えられる管楽器はなんて素敵なんだろう」と感動した事が忘れられない(ピアノはピアノで素敵な楽器だけれども、自分が表現活動を行なう手段としては管楽器には敵わないように感じた)。

その根本というか信条というか、根っこの部分は今でも変わりない。全身を使って、息を使って、何かを表現するってとても魅力的。

 

演技というのは見る人がいて初めて成り立つもので、表現する行為に更に「伝える」という意思が伴えばもっと面白くなるんだと思う。

今は基礎的な技術の未熟さに気を取られてしまい、芝居をしているとは言えないなと焦っているけれども。

既にこんなに楽しくて、追求したくなってしまって、毎日芝居のことを考えているし、ストレッチや滑舌練習も可能な限りやっている。

きっと、これからもっと好きになっていくんだろうな。

 

仕事と音楽と芝居の両立は、時間的には正直苦しい。

けれど、お金は欲しいし音楽は生活の一部なので辞められないし芝居はずっと憧れていた事だし面白いしで…どれも辞められない………

自分らしくいられることって、それだけでとても贅沢なんだと思う。

それなのに、もっと貪欲に追究したくてたまらない。

ワガママだなあと我ながら思う。

プリズムジャンプは心の飛躍

楽器を演奏していてもなんだか吹っ切れないというか、思い切って演奏できない自分に納得できない。技術面での劣等感とか自分への不満とかももちろんあるけれど、それ以上に表現面でのもどかしさの方が強い。

技術は一定までは努力しただけ腕が付いてくる。演奏に表情をつけるのは、そうとは限らない(と私は思う)

 

自分のしてきた事だろうと何だろうと、信じるものがある人は強くて全く羨ましいなと思う。ブレない。この「強い」とは精神の強さのことを言いたい。

一方で、劣等感ばかりが思考と感情をぐるぐるするだけの自分。

なんて性格が悪くて面倒くさいんだ……

 

というのがここ数年の自分だった。ずっとそうなのかもしれないけれど。

 

 

20182月。

人前で演技をする機会があった。

ひょんなことからではない。ずっとやりたいとこっそり思っていたのを、ようやく決断して自分から飛び込んだ。

 

生まれて初めての芝居。

中学生の頃に劇団主催のワークショップに行ったことがあったけれど、自主的に参加した訳ではなかったしそこで何をしたかはあまり覚えていない。あとは小学生のときにやった国語の授業での笠地蔵の劇くらい。なので、自分にとっては初めての芝居という感覚。

 

その場にいた全員が私のことを知らないし、私にとっても初対面だった。

その中で、右も左もわからないのにいきなり演技をするという状況。

めちゃくちゃ緊張はしたけれど、正直、演じてしまえば不思議ととても気持ちがよくてびっくりした。

どうせ知らない人たちなんだから何を思われてもいいや、と台詞を声に出す直前に吹っ切れたからだと思う。

 

恥ずかしさが殆どないし、ここにいる全員にどう思われても良いやと思うととても身軽になれた。

全くの初めてなので技術はもちろんないけれど。実際はどう思われても良くはないけれど。

 

この経験を通して思ったのは、変に思われたくないとか、人からこう見られたいとか結局、私は自分を守りたいだけだったんだなーと。

保守的になったところで、自分の何を守っているつもりでそれを誰が見ているんだって感じだけど。

演奏にしろ演技にしろ、演者とは人が創った作品を表現する立場なのに「自分がこんな事をしてこう思われたら嫌だな」と思ってしまう時点で何か違うんだろうなと思う。

それは作品第一ではなく、自分第一なんだなって(個性が出るから面白いんだというのはまた別の話)

 

以前ある人の「演技に自分を出さない」という役者としてのポリシーを見かけた事があって、それを「自分らしさを主張しない」という意味で捉えていた。

もしかしたら「自分を守ることをしない」でもあるのかなーとか思ったり。わからんけど。

 

 要は、演奏中に人目を気にしてしまう自分が嫌だし、それは自分を守ろうとしているって事なのかなと思ってみたし、芝居を通して感情開放というかその辺をもっと自在に表現出来るようになりたいなあという気持ち。

なりたい自分にプリズムジャンプ!

プリティーリズム・オーロラドリームを見てくださいよろしくお願いします(どさくさ)

 

おわり。

はじめての基本情報技術者試験

【初受験】2016417日。

初めて情報処理試験を受けました!厳密にはIT何とかポートも情報処理試験なんだろうけどCBT方式だしカウントしなくていいや()

会場が大学で、ちょっと楽しい1日でした。

受験者は男性ばっかり!でも思ったよりチェックのシャツの人あんまりいなかったです。メガネの人は多かったです。ギャルいオシャレなおねーさんも2人いたけど、あれはweb系の人なんだろうなぁ(勝手なイメージ)

そして欠席者が結構いるとの噂ですが私の前2席は欠席でした。

【結論】余裕で不合格。

自己採点の時点で分かるレベルでした。というか試験中にこれは落ちたと思いました。

IPA公式からの合格発表・成績照会がこちら。

 

f:id:esprism:20160519183905p:plain

 

う、うーん

でも合格ラインの60%に届かない訳ではなさそう。秋季に2回目受験しようと思いました。

【敗因】過去問やらなさすぎた

次回こそ受かるだろうという確信があるのは、今回が単純な準備不足だと信じているからです。神よりも仏よりも自分を信じたい(?)

ただ私が頭悪いだけではないなぁ、そうだろ

なんせテキスト1冊読み終えなかった(8割を流し読みしただけ)のと、過去問午前問題1回分+午後問題1問しか解かなかったのは非常にまずかった(反省)

それでも「この問題、過去問で見たぞ!」(この問題、進研ゼミでやったぞ!のノリ)っていうのがいくつかあったので、やはり過去問は合格への近道。過去問に手を出そう。

【午後問題】プログラミング言語の選択

事務職らしく表計算を選択。

もはやプログラミング言語というのか?しかし文系出身事務職の私にはありがたい!と見せかけて難しいじゃねーか!!(マジ泣き)

まず、問題ページ数が他の言語の倍。1”だけで1ページ使うからなんだけど。ページめくる度に指のあぶら持っていかれました。

アラサー女性にやさしくないもぅマヂ無理。。ロクシタン塗ろ。。。(塗らない)

しっかしまぁ午後問題は本当にノー勉でした。Microsoft Office Specialistを持っているので何とかなるかも?とか淡すぎる期待を抱いていたけれど、その程度では何も役に立たなかったぜ!hahaha

せめて過去問を解いていればなんせ過去問は合格への近道(再掲)

問題読んで初めて知った言葉が沢山でした。やばい。巻末の機能・用語解説ガン見しても理解できませんでした。これはイチから他の言語の対策勉強してもそう変わらないかもしれない。表計算なめてた(白目)

午後問題対策のテキストを購入するべきだったのか

【受験者層】医療業界少ない

この春、基本情報の受験申し込みをしたのは全国で社会人計44,316人に対し医療福祉業界は197人だそうです。少ない

[情報処理機構HP] https://www.jitec.ipa.go.jp/1_07toukei/_index_toukei.html

2年前に初めて医療業界に入って、レセコンとか医療機器とかってば技術の集結っぷりがすごい!ってまず感動したんですよ。

本当に感動したのが、ピッキングされた薬がレセコン入力されたものと合致しているかを写真と重量から監査する機械とか(ミスドで似たような機械を導入している店舗もありますね)。レセコンで入力した通りに水薬を機械が混合してくれたりとか(セットされた容器のサイズが不一致だとエラーになる。これにも感動)。

レセコンでは処方箋記載のQRコードを読み取ればミスなく入力されるとか(逆に手間がかかる場合もあるのでこれはまだ何とも)。

処方箋のミス(=医療機関のミス)に気付かずそのまま入力すると「投与日数制限を超えています」って警告してくれてそれだけでも感動したし(向精神薬によくある制限)。

そういえば薬局という職場には憧れていたけれど、患者さんの役に立ちたいとか受付事務がしたいとかそういうのじゃなくて「薬剤師という専門知識を使って働いている人の補助がしたい、薬に詳しくなれたら面白そう」っていう動機だったなとか(医療従事者としてはクソかもしれない)

受付事務がしたい!っていう気持ちの人は受験しようと思わないだろうな。資格の存在も知らないのかも。

それでもなんていうか、レセコンやら発注システムやらのトラブルか何かがあればカスタマーセンターに電話するじゃないですか。ITに関する知識が多少ある方がスムーズにやりとりできる事もたまにあるので基本情報とはいえ午後問題の知識はいらないだろうけど好きな人は持っておいてもいいんじゃないかな。みんな情報処理試験受けよう(適当)

2016秋季】受験したい

もう一度基本情報を受験したい。

その前に楽団のアンサンブル譜面を26月中には形にして…9月に登録販売者とかいう医療系資格を受験して…10情報処理試験スケジュール厳しいな!仕事をやめよう(?)

仕事やめるのは嘘だけど、勉強する習慣がさっぱりなくなってしまったので見直します。

遊ぶのと勉強するのとのメリハリが大事。なので8月にテニミュ行きます。行こうぜ、全国!!

 

おわり。

運転免許証を警察署で更新した話

とにかく時間が省けるし、人混み回避できて最高(最高)

2回目の運転免許更新

ゴールドです。ゴールド金賞!(吹奏楽コンクールネタですすみません)

5年間無事故無違反でいられたのは卒検以来運転をしたことがないからですね。

火のないところに煙は立たなかっただけの話でした。

運転免許試験場は遠くて混雑

更新するというのは運転免許試験場に出向いて大行列に並んで証明写真を撮り視力検査をし然るべき講習を受ける、とても時間のかかる面倒なものだと思っていました。

というか1度目の更新がそうでした。

日曜に行ったのもあるのかもしれませんがとにかく混雑。

 

・交通費 往復1340

・時間 往復2時間30分(ドアtoドア)

・人 多い

・会場 広い(移動が面倒)

 

…というつらさ。

混雑している分、試験場に着いてからの時間もかかるというのは結構なストレス。

警察署でも更新できるらしい

偶然にも更新前日、更新を最寄りの警察署で済ませたという話を聞きました。

知っていたけど何となく勇気でないって思っていたところにマーケティング(?)されたのです。

じゃあ近いし警察署行くか(適当)

経費660円オーバー、時間2h短縮

警察署で更新する場合、証明写真を持参しなければなりません。

それから

・免許証直接受け取り(指定する日時に後日講習受講)

・数週間後に郵送(手数料800円。当日講習受講、旧免許証は期限延長され新しいものを受け取り次第自分で破棄)

のどちらかを選べました。

直接受け取りだと指定する日が仕事だしまた来るのも面倒だし、800円で時間が買えるなら十分かと思い郵送希望。

視力検査は窓口の横にある機械でスッと終了。

結局、手間と経費としては

 

・交通費 往復300

・時間 往復30分(ドアtoドア)

・会場 狭くて移動らくちん

・人 講習受講者は私1

・証明写真 900円(安いやつにすれば良かった)

・郵送手数料 800

 

でした。

結局合計2000円と、運転免許試験場に行くよりも660円余分にかかってしまいました。

しかし2時間も短縮できたのです。

会場の人込みも回避できたので660円かける価値はありました。

証明写真で900円のものを選んでしまい、ここはもう少し削れるところだったので少し悔しいですが

同じ時間帯の受講者が他にいなくてまさかのマンツーマン講習

交通安全協会職員「自転車には乗られますか?」

私「いいえ」

交「ご家族の方は」

私「あ知りません(多分乗ってない)」

交「」

交「道路交通法の改定がありまして自転車もですね云々」

 

こんな気まずさも味わえるから超絶お得です。

 

警察署はいいぞ

警察署はいいぞ

 

おわり。

2016年目標

いまさらだけど、1月のうちに。

真面目に書きます。長い上に面白くないです。どーん

 

【気持ち】

未経験のものをできないと決め付けない、諦めない

どうせ自分には出来ない、特別なセンスと環境を持っている人がやる事だ、と諦めたものが私には沢山ある。

自分で環境構築くらいできたかもしれなかったのに、ただ腰が重かっただけじゃないかと。

今年は興味が湧いたことにはとりあえずチャレンジする。続かないかもしれないけれど、続くことも見つかるかもしれない。

  

【日常】

お弁当作る頻度上げる(作ったら500円玉貯金)

外食って高い…お弁当つくろう。面倒な日も冷凍食品使ったほうが節約になる。お弁当のた為の作り置き生活しよう。

毎日少しずつ掃除する

掃除は例えば引っ越すときに苦労しなくて住むようなレベルでこまめにしたいし要らないものを捨てたい。たぶん続かない。どーん

早寝早起き

2月1日から異動するのに伴って出勤時間が9時になる。遅くても0時半就寝、6時半起床目標。

帰宅後の時間の使い方

勉強するとかゲームするとか、もっとボーッとする以外の時間を増やしたい。

お風呂入るのも寝る直前にこだわらずとっとと入ってしまってその後寝るまでを有意義に過ごしたい。

 

【ビジネス】

資格取得

4月に基本情報(趣味)、9月に登録販売者(弊社推奨資格)受験予定。

もうひとつくらい受けたい。

 転職

弊社は本当に人に恵まれているのに待遇がアレ。どうとは言わないけどアレ。

昇給システムおかしい。1万円昇給するのに何年かかるんですかね…

調剤薬局という職場には退職金がないことが業界単位で決まっているだなんて知らなかったよ(薬剤師に聞いてしまった)。弊社は少ないけどあるだけマシらしい。

一般従事者でしかない私は次の業界を見付けて段取りした方がいい(確信)

 

【表現したい】

Saxophone

10年目とは思えないくらい何もかもがクソ。

高音域の音色が課題。息を入れる方向を下に…なかなか身に付かない。

アンブシュアも改善したい。顔の筋肉が弱すぎる。

個人練習の時間を設けて基礎練をじっくりする。

編曲

吹奏楽フル編成は先週提出したものでひとまず終わり。

アンサンブルはあと2つ。

フル編成の編曲予定が入ればFinale2014導入。

DTM

GarageBand600円でインストール。入門書も購入済。

ニコ動の規約によるとJASRAC登録曲はアレンジしたものをupしても著作権的に大丈夫そう。作曲もしてみたい。

契約して魔法少女にしてくれる生き物みたいな名前のソフトはお高いけど音色とかはいいんだろうな全くの初心者なので安いのから入ろう。

LINEスタンプ作成

クリエイターズスタンプ。申請はタダだしやってみる。

ペンタブはWACOMの1番安いやつを買った。

それからフリーソフトのAlpacaをインストール済。しかし使い方がわからずpixiv等の講座を見るも理解できていない。絵はひよこしか描けない。やばい。

ペンタブは艦これをプレイするのにめちゃくちゃ捗ります(報告)

刺繍

クロスステッチ初挑戦。材料は去年購入。刺繍したらくるみボタンにしたい。

裁縫は得意。コスプレ衣裳作れる自信すらあるし実は手伝ったこともあるという…

電子ピアノカバー作成

埃から守ろう。これにも刺繍できたらいいな。もちろんオタクな刺繍をするつもり。キャッキャ

ラジオしたい

所属している吹奏楽団でニコ生を放送しているのにとことん日程が合わずなかなか出演できない。

喋らせてくれ(懇願)

機材はこだわらなければマイクとなんかいろいろで4000円以内で揃えられそう。でも個人で配信って何喋るんだよ。迷走待ったなし。

HP設営してつくったものをひたすら記録

HPをつくろう。レンタルサーバはさくらにしようと思ったけど知識もないのでロリポップが初心者にやさしそう。

WordPressに興味があってブログサービスとして2箇所で登録してみたけど、実際に自分でインストールするところからやるのはどうなんだろう。

どうするかわからないけどひとまずドッドインストール先生のお世話になりながら勉強。

 

【表現の引き出しを増やす】

音楽理論

結局成長していない。電子ピアノも友人に譲ってもらったので弾きながら感覚を身に付けるなり分析するなりしたい。

観劇する

年末にテニミュに連れていってもらった。どうせテニミュでしょって正直ちょっと馬鹿にしていたら、舞台として本当に良かった。とてもよかった。

また見に行きたいし他にもお芝居観たい。

お芝居したい(感情解放という演劇の基礎を身に付けたい)

楽器演奏するのにどうしても頭を使うのが優先されてしまう。

お芝居だと、台詞を読み上げるだけじゃなくて感情とかなんかそういうのまで

恥じらうことなく表現できている人を見ると本当に尊敬する。

楽譜を演奏するのと台本を演じるのは似ていると思う(持論)ので、演奏でも感情表現までできるようになりたい…じゃあ演技習おう(?)という発想。

問題はどこで習うのか…初心者可のワークショップとか行くかお金だして習ってしまうかしか今のところ手段が見付けられない。

 

 

 

…こんなところで。

もう長すぎて疲れたのでまとめとか書きません。ふぅ

 

今年もあと11ヶ月、進捗出し続けます。

高度なコードのお勉強

ウソです勉強するのはめっちゃ基礎です知識ないです(言いたかっただけ)。


コードはコードでも今回は音楽のおはなしです。しかも勉強ブログとかではなくただ「頑張ろうと思いました(感想)」という記事ですサーセン

HTMLやらCSSやらあわよくばJS(女子小学生ではない)を嗜みたい2015年だった…のに全然触れていません。何なら基本情報技術者試験も勉強時間を作れず結局受験しませんでした。来世がんばろ…

 

私はゲーム音楽専門の吹奏楽団に所属しています(今更この自己紹介である)
ジャンルもジャンルなので市販されている楽譜がなかなかなく、じゃあ作ろう!という事で自分たちで書く訳です。

今年はアンサンブル編成で5分程度のメドレー3曲、4分半程度の単曲1曲(もう2曲は合作だけどコント用()だし数としてカウントしていいものか…w)。
自分が担当して書いた楽譜が特に多かった気がします。

スケジュールが本当に厳しくて4月以降、楽譜を書かない週末はほとんどありませんでした。
つまり資格の勉強をポイッっとした訳です。


ノーポイッ?イエスポイッ!
あぁ^~心がポイポイするんじゃぁ^~(駄目だこいつ)

ご注文はうさぎですか?? 第1羽 (23:37)

www.nicovideo.jp


そしてアンサンブル今年はこれで終わりか~という所に、自分が所属している楽団ではないのですがなんと「吹奏楽フル編成で編曲しないか」という話をいただいたのです。なんと嬉しいことでしょう…ぁゎぁゎ(緊張している)
フル編成を書くのは1年半ぶり4回目。
まだまだ初心者のつもりでいたのにそうも言えなくなってきたのでは…ていうか身内じゃない所に楽譜書くとかより一層きっちりしないと……やべぇよ(地声)

楽団に入る前から計算すると編曲人生7年目。
経験こそ積んでいるものの、


・原曲にある音、聴こえる音を書く(編曲ではなく聴音レベル)
・和音を予測して「ええ感じやろ」って音を書き足す(適当)
・和音配置も気をつけてみる(適当)
オーケストレーションは何となく勘で(適当)
・打楽器??うっ アタマガ(とかいう最上級黒魔法)


という適当っぷりで書いてきました。
「大事なのはセンス。技術は後からついてくる」と某ジブリ作品のセリフを自分に言い聞かせては音楽理論から逃げ感覚に頼るだけのお仕事。理論は楽典の基礎止まりの知識しかありません。

それでは編曲技術の成長がそろそろ止まるのでは??ていうか7年目だろ勉強するする詐欺いい加減にしろ!
という所に「音楽理論について勉強しましょう」という提案がどこからともなくやってきた訳です。
無料で専門知識教えてくれる人とか素敵すぎるだろ神かよ(神だわ)

和声学を身に付ければきっと奏者にとってコード進行を体感できる自然な楽譜が書けるようになる気がするしメドレーは繋ぎを考えるのに役立つし何より自分が楽しくなる(結局自己満足)


という訳で。


「原曲のコード進行を分析した上で音を並べる」


というのを今書いている楽譜の課題にします。

りろん だいじに。
納期と戦いながらどこまでこだわって書けるのか。

【uft-8って書いてたうっかり話】女子高生ぶりにHTMLに触ってみた-その2

前回の記事でHTMLを真面目に触り始めたよ!わぁい!な事を書きました。そこで自分が書いたものをブラウザで開いた結果文字化けした事について

<meta charset="uft8">は間違っていないとすればブラウザのエンコードの問題…

とかぶっこいていました。何を言っているんだ。
ブログを見た知人から"uft-8" が"utf-8"になっている、という指摘を受け初めて気付きました。
そもそも私が書いたのは

<meta charset="uft8">

f:id:esprism:20150423141354p:plain

だからな!"uft8"ね!ハイフン抜けてるからな!どーん


これは酷い。ワールドワイドウェブに自分の馬鹿さ加減を公開していて怖いなぁwww←草ではない
しかしブログに書いてよかったです。独りでやってるだけだったら多分あと半年は気付かなかった…
そしてブラウザ側のエンコード設定は自動検出にしました。なるほど。

コードを書く分にはどうやらutf-8でもutf8でも反映されるので大丈夫らしいですが、世の企業の大半はutf-8と書いているらしいのでそれに準ずる感じで今後もハイフンありで書いてきますね(白目)

 

そんな訳で堂々と書き間違えたけれど、そもそもUTF-8って何の略ですか…!


正式名称は、ISO/IEC 10646では “UCS Transformation Format 8”、Unicodeでは “Unicode Transformation Format-8” という。
(Wikipediaより引用 http://ja.m.wikipedia.org/wiki/UTF-8)


ソースはwikiです。
Wikipediaには知らない言葉が沢山載っているし解説すらよく分からないからすごいなぁと思いました(感想)


とりあえず直しましたよ!これでいいんだろ!バァン

f:id:esprism:20150429205445p:plain


よし、おk(添削はセルフサービス)

ついでにCSSとかファビコンとか書き足されている気がしますね。気のせいではありません。そのへんは次回の記事で。ファビコン設定できたのが嬉しすぎるのです。うきうき

 

そういえば前回<meta charset="uft8">って間違えて書いたのに、ブラウザの方でエンコードの設定UTF-8にしたら普通に表示されたけど…なんで?もしかして<meta charset="utf-8">って書かなくてもいけちゃうタグなんじゃないの?教えてえrい人(やはり馬鹿だった)
いつかその辺を考察してみようの会を開催するかもしれません。主催者私、参加者私。いつになるのやら。